一定期間更新がないため広告を表示しています

評価:
松下 幸之助,いのうえ かおる
PHP研究所
---
(2004-12-04)

JUGEMテーマ:がん全般

 

自分自身ががんに罹患したり、家族ががんに罹患したりすると

頭の中を心配と不安と現実がぐるぐると回って

何も手につかない、とか、自分の感情がわからなくなるとか

一時的にパニックのような状態になることは普通のことだと思います。

 

私の場合、家族が罹患しましたが

「文字を集中して読めない」ということが辛いことでした。

気持ちが落ち着くまで、1か月ほどかかりました。

もしかすると、罹患して1年たった今でも、落ち着いていないのかも、知れません。

 

そんなとき

温かいオレンジカラーの表紙のこの本を手に取り

パラパラと眺めました。

不思議なもので、今の自分にぴったりと合うようなところで、手が止まるのです。

 

例えば、あの時に私が読んだのは「すぎる」というページ。

書かれているのは、「食べ過ぎる」とか「呑み過ぎる」というのは良くないですよ、ということですが

その時の私には、先の心配をし過ぎるのは良くないですよ、と語り掛けられているような気がしました。

そして、自らを律して、不安をコントロールするために学びなさい、と言われているのだと思いました。

 

易しい文体で書かれたこの本は、心が疲れているときでも読めるような本です。

同じことでも、誰かに言われたのならば、何かしらの反応をしなければなりませんが

誰からも何も言われたくないほど、疲れ切ってしまっているときだってあります。

 

そんな時、この本はそっと応援してくれます。

 

その時々の心境で、心に触れる文章も、違うことでしょう。

不思議なことに、そこから受け取るメッセージも変わります。

手元に置いて、何度も読み返したい、そんな本です。

 

 

 

JUGEMテーマ:読書

これは名著です。

Canplusが目指す「がんと共に生きる」ために大きな力となる「知る」ことが

恐怖を和らげ不安を遠ざけることを、分かりやすい言葉で記されています。

 

手に取って、読んでもらうのが一番良いと思います。

 

がんという病気の全体像から、がん治療の基礎知識、がん治療目的や目標など

がんと共に生きるために必要な、これらの知識があれば

ドクターからの治療に伴う説明を、より理解しやすくなるでしょう。

そして、個別の問題について、疑問点を把握して質問することもできるでしょう。

ネットで情報を検索するときにも、その知識はとても役に立つと思います。

 

また、第10章には「がん治療と心」について書かれています。

 

 以下、232ページより引用

がんが患者に与える苦しみの大半はがんのためではなくがんがあると知ることによるこころの苦しみです。

この心の苦しみを軽減できれば

その分、がん患者の苦しみが軽減されるのです。

引用終わり

 

ここで語られてはいませんが、

 

がん治療にかかる「治療費」も、がん患者を苦しめる要因の一つです。

高額療養費制度は、大変ありがたい制度であることは間違いありません。

高額療養費制度を利用しても

長期に渡る治療費の負担は、患者とその家族に重い負担となります。

 

私たち(がん患者本人とその家族)は、「がん」という病気をきっかけに、

自分自身の人生に終わりがあることを、現実的に認識するのかもしれません。

 

そして、がん=死ではない、ということは

それ以降も人生が続き、がんになってもならなくても、

同じように老後が長い可能性があるということです。

 

中間所得者層の一番の不安は、お金の問題が根本にあるといっても過言ではないのでしょうか。

人生のお金を知り、それを管理することこそが、

恐怖や不安ををコントロールする術になる、とCanplusは考えます。

 

この本のあちこちに「いかに生きるか」「物事や現象をどうとらえるか」という

メッセージが散りばめられています。

また、患者として学んだり選択する必要があることも、語られています。

どのステージにいたとしても、心に響く一節があるのではないかと思います。

 

手元に置き、折に触れて読みたい本です。

いつか、谷川啓司先生の講演を聞いてみたいです。

 

 

 

 

 

夫が入院中、心配性の妻(私)は出勤前に病院へ立ち寄り、仕事帰りにも病院へ行った。

「無理しなくてもいいよ」と夫は言ったが、無理をしてでも顔を見たかった。

誰のために?もちろん、・・・私のために、だ。

 

ちょうど息子も部活で帰りが遅かったので

晩ご飯は適当なモノを作ったり

総菜を買ったりしてやり過ごしていたが、すぐに飽きてしまった。

 

食生活が乱れるとココロもあれる。

 

そう感じたので、簡単レシピの本を戸棚から取り出したり

動画でレシピ紹介してくれるアプリを利用したりした。

「クラシル」という動画アプリで最初に作ったメニューがコレ。

 

 

 

 

美味しいご飯は幸せを実感できる。

生きる力を感じる。

 

辛いと感じた時こそ、いつもの「家事」を丁寧にやってみる、ということも

なかなかいいんじゃないかと思う。

ついつい、心配し過ぎて考えすぎて、落ち着かない時間を過ごすぐらいなら

明日のためにピーマンや大根を無心に刻んだ方が、よっぽどいい。

 

がんと共に生きるためには、自分の心の不安をコントロールすることが大切。

適切に心配する、ということが自分を守る。

頭で分かっていても、いざ我が家のこととなると、途端にうろたえる自分が情けない。

 

夫ががんと告知されて、1年が経ったけれど

ふと、将来の不安に居ても立っても居られない様な気持ちになることがある。

何が不安なのか、それはまた別の機会に語るとして。

 

毎日、献立を考えて食事を作ることは、時折、面倒に感じることもある。

でも、誰かのためにご飯を作り、一緒に食事が出来るということは

とても幸せなことだと、改めて思う。

 

ご飯を作ることが女性を癒すなんて、男性には分からないなのかもしれない。

いや、料理男子には、分かるかもしれない・・・?

新しい職場の本棚に会った本を

暇つぶしにパラパラと読んでみると、これが・・・面白い!

 

おこちゃまな私はウサギの気持ちが良く分かる。

ウサギは好きなだけ走らせてほしいのだ。

早いことに価値を感じる。

 

私は走りたい。びゅーんと!

 

読み進めながら、ワクワクする気持ちになった。

私の気持ちを肯定してもらったような嬉しい気持ちだ。

 

コーチングの入門書のように言われているそうで

なるほど、「親」の立場から考えると

息子にがみがみ言っていたことが悔やまれる。

 

この本にはもとになった書籍もあるらしいので

是非とも合わせて読んでみたい。

 

iPhoneImage.png

 

 

 

JUGEMテーマ:がん全般

 

なぜ「安寧cafe」なのかをお話しします。

 

 

医療関係のお仕事をしていた方が、とあるセミナーの感想を語られた時に

「心の安寧をもたらす」という表現をされていて、いい得て妙だと感じました。

 

単なる安心ではなく、安寧というコトバで表現することによって

そこに秩序とかルール、そして理性や自律があることが理解できました。

 

がんと共に生きる女性たちの語らい&学びカフェCanplusでは

「安心」よりも「安寧」を得る場所でありたいと願います。

 

ですから、直接的な体験談を多く語らずに

書籍を通して学びや思いや願いを共有する、という

「安寧Cafe」として、活動します。

 

 

1